Home

Windows Server 2003 実践ガイド

Windows Server 2003 実践ガイド
村嶋 修一 著
B5変型判 /528ページ(予定)
定価 本体3,480円+税
ISBN4-7741-2484-2
技術評論社発行
2005/09発売

 書店で見つからないときは cbook24.com()、bk1() 、ブックモールジャパン()、クロネコヤマトのブックサービス()、Yahoo!ブックス()、7&Y()、amazon.co.jp()で注文出来ます。(「村嶋」をキーワードに検索して頂けるとすぐ見つかります)

 正誤表はこちらです。


 お待たせしました <m(_ _)m>

 多くの方からお問い合わせのありました「Windows 2000 Server 構築・運用実践ガイド」のWindows Server 2003版 がやっと出来上がりました。

 より実践的になるようにかなりの部分を書き直したので、改訂版ではなく別の本扱いになっています。

  インターネットセグメントに配置するサーバの設定はセキュリティを中心にパワーアップしています(必要最低限のセキュリティ設定ですが、実用レベルに達していると思います)。
 802.1x無線LANは実践レベルで解説している本は数が少ないので、無線LANの構築を考えられている方は一読の価値有りです。
 おまけでグループポリシーオブジェクトのTips、2003で構築できるVPN(実用レベルと言うより技術解説として)はちょっと気合いが入っているので面白かと思います。
 書店にお立ち寄りの際は一度立ち読みしてやってください (^^)

 ルータの設定テキスト等は読者サービスページにあります 。

 

<< 目次 >>

カットした原稿は一番下にあります

はじめに
本書の読み方
 
第 1章      インストールとサーバーの作成

1 テスト環境を作ろう
  1.1 テスト導入に必要なもの
  1.2 インストール前に決めておくこと
2 サーバのインストール
  2.1 CD-ROMからの起動
  2.2 CD-ROMから起動できないコンピュータの対処方法
  2.3 インストール
  2.4 設定
3 ドメインコントローラの作成
  3.1 ドメインと Active Directory
  3.2 Active Directoryのインストール
 

第 2章   サーバの設定

1 DNS
2 ActiveDirectoryの設定
  2.1 ユーザ
  2.2 グループ
  2.3 組織単位(OU)
3 DHCPの設定
  3.1 DHCPのインストール
  3.2 DHCPをActive Directoryに承認させる
4 WINSの設定
  4.1 WINSとは
  4.2 WINSのインストール
5 ディスクの共有
6 プリンタの追加と公開
  6.1 直結タイプとネットワークプリンタ
  6.2 プリンタの登録と共有
  6.3 追加ドライバのセットアップ
 

第 3章   クライアントの接続

1 Windows Server 2003環境下でのクライアント接続
2 Windows XP Professionalクライアントの接続
3 Windows Home クライアントの接続
4 Windows 2000 Professional クライアントの接続
5 Windows98/Me クライアントの接続
6 Windows NT4 Workstation クライアントの接続
 

第 4章   管理の基礎MMC

1 MMCの使い方
2 スナップインの登録
 

第 5章   TCP/IPの基礎

1 プロトコルの正体とOSI参照モデル
2 パケット
3 IPアドレスとサブネットマスク
  3.1 IPアドレスとサブネットマスク
  3.2 クラス
4 TCP/UDPとポート番号
5 MACアドレスとARP
6 管理を省力化するサービス
  6.1 DNS
  6.2 WINS
  6.3 DHCP
 

第 6章   管理しやすいネットワークを作ろう

1 セキュリティについて
  1.1 セキュリティの必要性
  1.2 パスワード
  1.3 共有のアクセス権
  1.4 ローカルアクセス権
  1.5 共有プリンタのアクセス権
  1.6 暗号化
2 会社組織とネットワーク環境
  2.1 組織体系とOU体系
  2.2 ユーザグループと管理体制
  2.3 集中管理にするか分散管理にするか
  2.4 管理単位とドメイン階層
3 会社の物理構造と配線敷設
  3.1 論理ネットワーク
  3.2 物理ネットワーク
  3.3 トポロジ図
  3.4 有線LAN
  3.5 無線LAN
  3.6 セグメント分割
  3.7 電源管理
  3.8 管理台帳
  3.9 サーバの設置場所
4 トラフィックコントロール
  4.1 有線LANの通信方式とHUB
  4.2 トラフィックを制御するSW-HUB
5 X.509証明書の発行
  5.1ドメイン認証に使われる証明書
  5.2 証明書サービスのインストール
  5.3 ユーザ証明書の発行
 

第 7章   ユーザの登録とグループの作成管理

1 OUの作成
2 グループの作成
3 共有の作成とアクセス制御
4 プリンタのアクセス制御
5 ユーザの作成
6 組織/ツリー構造変更
7 権限委譲
8 コンピュータの作成
 

第 8章   WAN接続

1 WANの接続方法
  1.1 WAN設計
  1.2 専用回線を使う
  1.3 インターネットVPNを使う
  1.4 ベストエフォート広域網を使う
  1.5 障害時の迂回方法(バックアップ回線)
2 ドメイン管理
  2.1 トラフィックを考慮する
  2.2 シングルドメインで集中管理する
  2.3 ドメインコントローラを分散する
3 協力会社とのネットワーク
  3.1 どのようにデータのやりとりをするか
  3.2 FTPサーバのインストール設定
  3.3 WebDAVを使う
 

第 9章   資源管理

1 IPアドレス空間の割り当て
2 ディスクの管理
  2.1 ボリューム管理
  2.2 ディスクのチェック
  2.3 最適化
  2.4 削除ファイルの復活
  2.5 圧縮
  2.6 暗号化
3 ユーザ別ディスク使用量の監視と制限
4 分散ファイル(DFS)
  4.1 分散ファイルシステムの仕組み
  4.2 分散ファイルシステムの設定
  4.3 DFSによるファイルの同期(レプリケーション)
5 ドメインの時刻を合わせる
6 Macintoshがある場合
7 ライセンス
8 管理としてのクライアントの制限
9 DNSがDDoSの踏み台になるのを防止する (追加情報)
10 今すぐSPFを書こう (追加情報)
 

第10章   クライアント環境を集中管理する

1 クライアント環境管理の必要性
2 グループポリシー操作の基本
  2.1 グループポリシーとは
  2.2 グループポリシーの適用順位
  2.3 グループポリシー管理コンソール(GPMC)とグループポリシーエディタ
  2.4 GPMCを使わない場合
3 グループポリシーによる管理の実例
  3.1 特定フォルダのアクセス権を変更する
  3.2 電源管理を許可する
  3.3 ローカルグループのメンバにドメインアカウントを追加する
  3.4 Service Pack等で拡張されたポリシーの扱い
4 ターミナルサービスを使う
  4.1 ターミナルサービスに必要なスペック
  4.2 インストール
  4.3 ライセンスの登録とユーザの登録
  4.4 設定
  4.5 アカウントの設定
  4.6 クライアントの接続
  4.7 アプリケーションのインストール
  4.8 遠隔操作
5 クライアントの障害対応に関するヒント
  5.1 コンピュータはいずれ壊れる
  5.2 クライアントの管理を分散させたい
  5.3 クライアント環境をどのように復旧するか
  5.4 sysprepの使い方
 

第11章   LAN環境の外からサーバーを利用する--VPNなど

1 どのようなVPNが構築できるのか
2 PPTP
  2.1 前提条件
  2.2 セキュリティゲートウェイ(PPTP)の作成
  2.3 RADIUSの設定
  2.4 アクセスされる側のサーバ設定
  2.5 アカウントの設定
  2.6 インターネット側のセキュリティの強化
  2.7 クライアントの設定
3 L2TP/IPsec
  3.1 前提条件
  3.2 グループポリシーの設定
  3.3 セキュリティゲートウェイの作成
  3.4 RADIUSの設定
  3.5 各サーバの設定/アカウントの設定
  3.6 インターネット側のセキュリティの強化
  3.7 クライアントの設定
4 EAP-TLS
  4.1 前提条件
  4.2 セキュリティゲートウェイの作成
  4.3 RADIUSの設定
  4.4 各サーバの設定/アカウントの設定
  4.5 インターネット側のセキュリティの強化
  4.6 クライアントの設定
5 オフラインファイル
  5.1 オフラインファイル
  5.2 ブリーフケース
 

第12章   Windows SharePoint Services

1 WSSで何が出来るのか
2 WSSのインストール
  2.1 事前準備
  2.2 WSSのインストール
3 サイト管理
  3.1 管理ページを開く
  3.2 ユーザを設定する
  3.3 サイトをカスタマイズする
 

第13章   インターネットへの接続

1 常時接続かダイヤルアップか
  1.1 ブロードバンド時代
  1.2 接続の機器構成
2 インターネットとLANの接続
  2.1 ルータの設定
  2.2 脆弱性チェックと対策
  2.3 クライアント用ウイルス対策ソフトのインストール
 

第14章   インターネットサーバの作成 1

1 環境準備
  1.1 公開するサービスを決める
  1.2 ドメイン名と固定IPアドレス
  1.3 回線
  1.4 本書の想定ネットワーク
2 ルータの設定と開通確認
3 インターネット上のDNSの働き
  3.1 インターネット上のDNSとActive Directoryで使用するDNSの違い
  3.2 インターネット上のDNSの働き
  3.3 nslookupで実際の動きを確かめる
  3.4 自分のドメインを上位DNSに登録する
4 TCP/IPの設定
5 必要最小限のセキュリティ設定
  5.1 NTFSの導入
  5.2 標準アカウントの変更
  5.3 ローカルポリシーの設定
  5.4 セキュリティパッチの適用
  5.5 セキュリティテンプレートの作成
  5.6 セキュリティテンプレートの適用
  5.7 ファイヤウォール機能を追加
  5.8 ログフォルダの圧縮
6 インターネット用のDNSの設定
  6.1 DNSのインストール
  6.2 ネームサーバの設定
  6.3 Aレコードの追加
  6.4 ポインタ(PTR)のレコードの追加
7 インターネット用のDNSの応用設定
  7.1 複数のドメインを持っている場合
  7.2 サブドメインを作る
  7.3 別のDNSにサブドメインを管理させる
 

第15章   インターネットサーバの作成 2

1 IIS
  1.1 サービスのセットアップとセキュリティ設定
  1.2 複数のドメインを処理する
2 メール
3 FTP
  3.1 FTPをセットアップする前に
  3.2 FTPのセットアップ
  3.3 FTPのアクセスコントロール
4 NNTP
5 時刻同期
 

第16章   セキュリティアップ

1 サーバ用ウイルス対策ソフトのインストール
2 ルータでのセキュリティアップ
3 安全なメールサービス
4 OSの設定強化
  4.1 MBSAの導入と定期的な監視
  4.2 アクセス権の強化
  4.3 不要なサービスの停止
  4.4 ローカルセキュリティ設定
  4.5 セキュリティテンプレートの活用
5 特定メンバーだけがアクセス出来るページを作る
  5.1 どのようにアクセス制御をするか
  5.2 IISにローカルアカウントを作ってアクセス制御する
  5.3 Active Directory上のアカウントでアクセス制御する
6 SSLの導入
7 ファイヤウォールの導入
8 日々の監視
 

第17章   旧バージョンのServerからの移行方法

1 移行する前に
  1.1 移行すべき場合
  1.2 FSMOとは
2 WindowsServer2000からの移行
  2.1 2000からの移行方針
  2.2 ドメインコントローラをアップグレードする
  2.3 ツールを使って2000のデータを移植する方法
3 WindowsNT4からの移行方法
  3.1 NT4からの移行方針
  3.2 ドメインコントローラをアップグレードする
  3.3 NT4から引き継いだ情報を調整する
  3.4 ツールを使ってNT4のデータを移植する方法
4 FSMOの移動
  4.1 FSMO
  4.2 スキーママスタの移動
  4.3 ドメインネーミングマスタの移動
  4.4 RID(Relative ID)プールマスタ/PDCエミュレータ/インフラストラクチャマスタの移動
  4.5 グローバルカタログの移動
  4.6 古いサーバを切り離す
  4.7 FSMOの強制移動
 

第18章   802.1x無線LAN

1 無線LANとは
  1.1 通信速度
  1.2 暗号化通信技術
  1.3 802.1xの認証方法
  1.4 接続制限
2 802.1x無線LANの構築
  2.1 802.1x無線LANに必要なもの
  2.2 サーバ側の設定
  2.3 ユーザアカウントとクライアント設定
  2.4 EAP-TLS設定からPEAP設定への変更
 

第19章   フォールトトレランス

1 RAIDの有用性と限界
  1.1 RAIDの概念
  1.2 RAIDの設定
2 UPS(無停電電源装置)の必要性
3 ロードバランシング
  3.1 ロードバランサの役割
  3.2 ロードバランスに最適なサーバ像
  3.3 ネットワーク負荷分散機能(NLB)
  3.4 実際のNLB構築例
  3.5 NLBで設定できる項目
4 クラスタ構成
 

第20章   バックアップ

1 何をバックアップするのか
  1.1 なぜバックアップするのか
  1.2 何をバックアップすべきか
  1.3 バックアップ用いるメディア
  1.4 上手に運用するために
2 バックアップの種類
  2.1 「フルバックアップ」と「差分バックアップ」
  2.2 一般的な運用方法
  2.3 ドメインコントローラのバックアップ
3 バックアップ操作
  3.1 データバックアップとリストア
  3.2 OSバックアップとリストア
  3.3 スケジューリング
4 回復コンソール
5 サービス単位のバックアップ
  5.1 DNS
  5.2 WINS
  5.3 証明機関(CA)
  5.4 DHCP
 

第21章   パフォーマンスの管理とチューニング

1 監視方法と問題点の発見のしかた
  1.1 タスクマネージャ
  1.2 パフォーマンスモニタ
2 監視すべきカウンタ
 

付録/索引
おわりに
     
ページ数の関係でカットした原稿(要パスワード)
第16章   3 安全なメールサービス

  3.1 IMail Server 8 のセットアップ
  3.2 セキュリティ設定
  3.3 SPAM 対策
  3.4 アカウントの登録
  3.5 設定のバックアップ
  3.6 複数のドメインを処理する
  3.7 サービス自動起動
  3.8 その他のサービス
 

第22章   運用

1 運用基準の作成
  1.1 ガイドラインの重要性
  1.2 パスワードの重要性および設定/変更方法とガイドライン
  1.3 情報の扱い
  1.4 操作方法のマニュアル化
  1.5 共有資源の使い方
  1.6 インターネットの設定と使い方
  1.7 運用面でのガイドライン
  1.8 代表的なトラブルと対処方法
2 運用指導
  2.1 マニュアルにすべきもの、講習として説明すべきもの
  2.2 社内講習か社外セミナーか
  2.3 社内講習を成功させるために
  2.4 管理職に対するセミナー
3 管理の勘所
  3.1 ヘルプデスク
  3.2 遠隔監視
  3.3 アウトソーシング

back.gif (1980 バイト)

home.gif (1907 バイト)

Copyright ©2005 MURA All rights reserved.