OCN & NTサーバ 実践インターネットサイト構築技法

Home

OCN&NTサーバで始める
実践インターネットサイト構築技法

OCN.jpg (6089 バイト) OCN&NTサーバで始める
実践インターネットサイト構築技法

村嶋 修一 著
B5変型判 / 330ページ
定価 本体3,800円+税
ISBN4-7952-3088-9
情報管理発行
1997/11発売

 絶版(販売終了)になりました。幻のコレクターズアイテムに... (笑)


 インターネットサイトを作る際に大切な事は構築技術よりセキュリティです。最近 Windows NT でインターネットサイト構築する本はポツポツ出はじめてますが、肝心なセキュリティに関して具体的手法が記述がされている物を小生は見た事がありません。そういった意味では、この本が日本で最初の書籍になるのかもです (^^)

 ネットワークの商売をしている会社にはこの手のノウハウが溜め込まれているのですが「企業秘密」と言う事で、ノウハウが流出することは少ないのが実情です。実は小生が務めている会社もネットワークの仕事をしている(専業ではありませんが)ので企業秘密を持ちだした事になるのかもしれません。ですが、小生のポリシーである「ノウハウ、技術、知識は流通する事で価値が倍増する」に基づいて一冊の本にまとめてみました。

 正誤表はこちらです。


1. サイト構築の準備

1.1 専用回線導入の必要性

1.2 OCNとは何か

1.2.1 OCNの種類

1.2.2 プロバイダ提供の専用回線とOCN常時接続との価格比較
1.2.3 OCNの仕組み

2. ダーティサイトの構築

2.1 ネットワーク構成と必要機器

2.1.1 2章で扱うネットワーク構成
2.1.2 2章で必要な器材と費用

2.2 OCNの申し込み

2.2.1 申し込む前に検討すること
2.2.2 申込書の入手方法から申込みまで
2.2.3 契約内容の案内

2.3 TCP/IP超入門

2.3.1 プロトコルとは何か
2.3.2 OSI参照モデル
2.3.3 IPアドレス
2.3.4 サブネットマスク
2.3.5 CIDR
2.3.6 TCP/IPのデータ形式
2.3.7 ポート番号
2.3.8 ルーティング
2.3.9 IP
2.3.10 TCPとUDP
2.3.11 DNS

2.4 機材セットアップ

2.4.1 ルータの設定
2.4.2 WindowsNTServerの導入
2.4.3 セキュリティ強化とバグ対応
2.4.4 DNSの設定

3. クリーンサイトの構築

3.1 3章で扱うネットワーク構成

3.2 3章で必要なソフトと費用

3.3 メールサーバの導入

3.3.1 メールサーバソフトの入手
3.3.2 メールサーバのインストール
3.3.3 メール利用グループの作成と権限設定
3.3.4 メールアカウント作成
3.3.5 メールサービスの開始
3.3.6 メールのセキュリティ調整

3.4 DNSの設定変更

3.4.1 Mailサーバの追加
3.4.2 設定確認
3.4.3 新しいサーバを追加する場合

3.5 JPNICデータベースの更新

3.5.1 設定情報の入手
3.5.2 更新用フォーム作成と管理者メール
3.5.3 データベース更新手続き

3.6 社内LANとの接続

3.6.1 ファイヤウォールの導入
3.6.2 イントラネットとの関係
3.6.3 イントラネットサーバの設定
3.6.4 クライアントのTCP/IP設定

3.7 社外からのメールサーバアクセス

3.8 特定ユーザにだけ見せるWebPage

4. クリーンサイトの確立

4.1 セキュリティアップ

4.1.1 アカウントのロックアウト設定
4.1.2 アカウントの監査
4.1.3 デフォルトユーザの無効化
4.1.4 デフォルト共有の解除
4.1.5 サービスの停止とローカルWINSの設定
4.1.6 ポートの閉鎖
4.1.7 ルータ(YAMAHA/RT102i)によるパケットフィルタリング
4.1.8 インターネットサーバへのウイルス対策ソフトの導入

4.2 日々の運用管理

4.2.1 ログチェック
4.2.2 ディスク、メモリ、CPU消費量のチェック
4.2.3 バックアップ
4.2.4 セキュリティ情報の収拾

4.3 インターネットユーザに対する運用指導

4.3.1 クライアントへのウイルス対策ソフトの導入
4.3.2 ブラウザのセキュリティホール
4.3.3 共有の作成時の注意
4.3.4 メールの危険性
4.3.5 telnetの危険性
4.3.6 危険なサイトとネットワーク犯罪
4.3.7 E-Mailであなたも知らないうちに加害者
4.3.8 利用者のガイドライン

付録

YAMAHART102iのファームウェアアップデート方法
TCP/IPポート一覧
CSMProxyのエラーコード

参考資料

JPNIC公開資料
ネチケットガイドライン(RFC1855J)

home.gif (1907 バイト)

Copyright © MURA All rights reserved.