Home > Windows にまつわる e.t.c.

リモート コンピューターの対話操作(Enter-PSSession)


リモート コンピューターをPowerShellで操作するにはいくつかの方法があります。

その中でも一番お手軽なのが「Enter-PSSession」です。

Enter-PSSessionは、対話処理専用ですが、リモート側のプロセスとして処理されますので、現在稼働しているプロセスを見るとか、ちょっとした状態確認や設定変更であればとても重宝します。

 

事前設定

Enter-PSSessionに限らずリモート コンピューターをPowerShellで操作するには事前設定が必要となります。

◆ 操作される側の設定

Enable-PSRemoting -Force

◆ 操作する側の設定

winrm quickconfig -force
Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts * -Force

PowerShell 2 あたりの古め環境だと winrm quickconfig の -force がエラーになるので、-q を使います。

winrm quickconfig -q
Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts * -Force
   

 

使い方

Enter-PSSession を使うのは簡単です

Enter-PSSession 接続先

接続先はIPアドレスでもコンピューター名でもFQDNでも構いません。

 

ドメイン環境であれば、ログインアカウントでリモート コンピューターに接続に行くのですが、異なるアカウントを使いたいとか、ワークグループ環境の場合は接続アカウントを指定します。

◆ アカウントを指定して接続する場合

Enter-PSSession 接続先 -Credential 接続アカウント

ダイアログが表示されるので、パスワードを入力するとリモート接続できます。

 

リモート接続されると、プロンプトが以下のように変わります。

[接続先]: PS C:\Users\接続アカウント\Documents>

以降はリモート側のプロセスとして PowerShell として使う事が出来ますので Get-Process とかのコマンドレットが普通に使えます。

 

接続を切る時は「Exit-PSSession」あるいは「exit」で切断されます。

◆ 切断

[test-server]: PS C:\Users\s.murashima\Documents> Exit-PSSession
PS C:\>

 

# 同一カテゴリー
リモート コンピューターのバッチ操作(Invoke-Command)
リモート コンピューターのパラレル バッチ操作(Invoke-Command -AsJob)

 

back.gif (1980 バイト)

home.gif (1907 バイト)

Copyright © MURA All rights reserved.