ビヤドゥってどんな所?

Last update 2012.02.18

 画像が重いので、低速回線の方は表示されるまで暫くお待ちください m(__)m

mareH.jpg (103562 バイト)

  島は珊瑚礁でできている「環礁」です。その中に南マーレ環礁のほぼ中程に位置する「ビヤドゥ」と言う島に泊まりました。隣の島が「ビリバル」と言う島で、一日4往復する定期連絡船が出ています。
 島の大きさは一周880mなので歩い一周しても15分ぐらいの小さな島です。なので車は一台もありません。島内の移動手段は徒歩のみです。ヘリポートが無いので島の外に出る手段は船しかありません。

 写真を見て頂くとわかりますが、白い砂浜、白い雲、青い海以外何もありません。娯楽設備と呼べるのはバレーコート、サッカー場、卓球台、バーがあるだけです。カヌー、ウインドサーフィン、カタマラン(双胴のヨット)、ウオータースキー、パラセーリングがオプションであります。他の島ではディスコやゲームセンターもあるみたいですが、ビヤドゥにはテレビもラジオもありません (^_^;
 小生はシュノーケリングと浜辺でのんびりとくつろぐのが目的だったので日中はシュノーケリングと浜辺での読書。日没後はビールを飲んで女房と日本から持ってきたカードゲームしてました。

 観光とダイビングで忙しいのか日中は日本人をあまり見かけません。もっとも、観光客で日本人が占める割合は3割弱程度で、そのほとんどがダイビング目的で来られている方ばかりみたいなので日本人を見かけないのは当然と言えば当然なのですけどね。

 一週間ぐらい休みが取れて、命の洗濯しに行くのでしたら絶対お薦めです。他の島はダイビングが主体の島ですが、ビヤドゥとビリバルはダイビングしなくてもシュノーケリングだけで十分楽しめます。

 シュノーケリングセットは多少荷物になりますが、現地で借りるより日本で買って行った方が良いです。買うのでしたらフィンはブーツタイプが絶対お薦めです。島はリーフと呼ばれる浅瀬が続いているのですが、この中を移動する時に裸足だと珊瑚礁のかけらが痛いです。裸足に履くタイプのフルフィットだと岸辺ギリギリまでフィンを付けて泳ぐ(フィンを付けて歩くのは至難の業です)事になりますが、ブーツタイプならフィンを外してブーツになって歩けます。

 そうそう、アルコール類は国内に持ち込めませんので、間違っても成田で買って行かないように。更に豚肉も持ち込めませんのでインスタントラーメンで豚系の物もアウトです。

 何もしない贅沢ってのもなかなか良いですょ (^^)v

backFish.gif (2455 バイト)

Copyright © MURA All rights reserved.